銀投資、それぞれの特徴を解説

銀にはさまざまな投資方法がある

181206_silver_column.png

 銀に投資するには、さまざまな方法があります。そのなかでも代表的な方法として、現物投資と銀ETFがあげられます。

 銀の現物投資は、その名の通り銀を購入して投資する方法です。1回でまとまった量を購入することも、積立投資として月々買い増すことも可能です。

 また販売会社によっては、購入した銀の保管も可能な場合があります。このような販売会社で購入すると、保管の手間がかかりません。

 一方で銀ETFは「上場投資信託」という名称の通り、投資信託と同じ方法で売買できる商品です。投資信託ですから信託報酬の支払いが必要となり、また原則として銀の現物を見ることはできません。しかし純銀上場信託(現物国内保管型)を10万口以上持っている場合は、銀の現物に交換できる場合があります。

銀の現物投資

181206_silver_column02.png

 銀に投資するには、銀そのものを購入する現物投資があります。現物投資は貴金属の販売店や、SBI証券など一部の証券会社で取り扱っています。販売店のなかにはインターネットでの売買も可能な場合もあります。

 銀を購入する場合、購入できる量や金額のチェックが必要です。10g単位、または1,000円程度から購入可能な箇所もあれば、300gや500g単位という箇所もあります。銀の価格は日々変動しますので、当日の価格もチェックした上で購入しましょう。また販売手数料の確認も必要です。

 購入した銀は購入者の手元で保管することが基本ですが、販売会社に保管を依頼できる場合もあります。銀を手元で保管する場合、空気中に放置すると黒ずみが出てしまいます。このため密封するなど、空気に触れないようにして保管する必要があります。

 一方で販売会社が保管する場合は安全に保管されるか、万が一経営破たんした場合でもきちんと戻ってくるか、事前のチェックが必須です。また販売会社によっては、銀を現物で引き出せる「現物転換」を利用できる場合もあります。

 銀は積立投資も可能です。積立投資をする場合、毎月一定量と一定額では、一定額の投資を選ぶと運用成績が良くなることが多いです。これは一定額の投資なら銀が安価なときにより多くの量を購入できるため、同じ投資総額でもより多くの銀を購入できることが理由です。なお積立投資の場合でも、年会費や手数料などの確認が必要です。

銀ETFには2種類ある

 銀に投資する方法としては、銀ETFもあげられます。銀ETFは証券会社などで、他の投資信託と同じように売買できます。銀ETFはさらに、以下の2種類に分けられます。

  • ・純銀上場信託(現物国内保管型、管理会社は三菱UFJ信託銀行)
  • ・ETFS銀上場投資信託(管理会社はETFセキュリティーズ・マネジメント・カンパニー・リミテッド)

 純銀上場信託(現物国内保管型)は2018年12月4日現在、おおむね1口5,000円前後から投資が可能です。1口当たりの価格は銀地金の先物価格をベースとした、銀地金100グラム当たりの理論価格となっています。10万口以上お持ちの方は、転換請求をすることで銀地金への交換も可能です。

 純銀上場信託(現物国内保管型)の財産は銀地金として、管理会社が責任を持って保管しています。また投資期間中は信託報酬を支払う必要があり、2018年10月31日現在で税込0.54%となっています。

 一方でETFS銀上場投資信託の価格は、1口当たりロンドン地金市場協会の規格に基づく、1トロイ・オンス当たりの銀の価格となります。1トロイ・オンスは31.1035グラムです。実際には10口単位での投資となりますので、2018年11月21日現在の最低投資額はおおむね15,000円となります。

 ETFS銀上場投資信託において、現物はHSBC 銀行USAが保護・預かりを行っています。また投資期間中は信託報酬の支払いが必要であり、2018年10月31日現在で税込0.49%となっています。