プラチナの取引方法

初心者のためのプラチナ投資とは?

はじめに

プラチナ投資は金投資に増してまだまだメジャーな投資商品ではありませんが、現物資産と希少性、また経済成長に伴う需要の拡大予測など今後が楽しみな投資商品です。
そして選択できる手段の多様化によって多くの人が検討可能な金融商品へ変わりつつあります。世界ではプラチナ投資商品はファンドも多く日本より活発に行われています。国内でも複数の取引業者が扱っています。

プラチナに投資する際の検討事項を考えてみました。以下三項目です。

  • 1. 個々人のお考えに適している購入方法の選択
  • 2. 希望金額に応じた商品
  • 3. 専門的(専門家による)情報提供

各商品の特性を調べながら自分にとって最も適切な商品を見つけるためには、プラチナへの見識を広めることが重要です。当サイトで学習の参考になればうれしいです。
金投資と似ている部分が多いので、ある程度の金投資経験と知識を持っていれば比較的理解も進みやすいと思います。

購入方法の選択

プラチナの購入方法は、まず現物取引と先物取引に分けられます。

現物取引

その名の通り現物を入手する取引です。一括購入と一定期間積立による現物受け取りなどが挙げられます。現物が確実に手元に保有できる安心感(積み立ては一定量到達後)は初心者には始めやすいでしょう。プラチナ専用の口座を開設することも可能です。またプラチナコインを購入することでも入手可能です。

先物取引

先物取引は従来主流であった商品先物取引のプラチナ版です。現物の入手が目的でなく、あくまで差金決済が目的の投資手法です。もちろん現物の受け渡しも可能です。

プラチナは東京商品取引所(TOCOM)で上場しており、納入・購入希望者はTOCOMに参加している商品先物業者を通じて取引をします。先物取引はレバレッジを効かせることが可能であり一般的でもあります。
レバレッジはその特性上、他の金融商品と比べて高いリスクが伴います。価格変動性が大きいプラチナの場合、先物のリスクはより高くなります。(リスクが高い分大きなリターンを期待できる場合もあります。)

希望金額に応じた商品

次に2.の 希望金額に応じた商品です。代表的なものを書いてみます。

プラチナ地金

地金の最低購入金額は1kgで約403万円と一括購入にはそれなりの資金が必要です。(2017年3月3日現在)
また、プラチナ地金にも金と同様にメーカーの名前と純度が刻印されています。5g、10g、500g、1kgなど複数の重量から選択することが可能です。またプラチナの純度は、金や銀と同様に千分率(パーミル)で表記されます。商品としてはPt850、Pt900、Pt950、Pt1000の4つに区分されることが多いです。
プラチナの特性上純度100%だと傷がつきやすいということで、他の金属と組み合わせて硬度や強度を高めた純度95%(Pt950)の地金が多く知られています。

プラチナ定期積立

一般的にプラチナ積立はリスクの低い商品として知られています。今では取扱会社も多く、純金積立と同様に月額数千円からでも始められ、コツコツ貯めていくことが可能です。また保管料がかからない商品もあるので費用と紛失リスクを抑えることが出来ます。しかし、プラチナは金より価格の変動が激しいとされているため、注意を払う必要はあります。

プラチナ関連証券、ETF

ETFで一番ポピュラーなものは純プラチナ上場信託(現物国内保管型)で、2017年3月3日終値現在で約3,465円です。
証券取引所に上場されている世界中のプラチナに関連した証券を購入することが出来ます。

プラチナコイン

コインの最低購入金額は1/10オンス(3.1103g)で、約1万2千円と少額から購入することができます。
また、プラチナコインにも金コインと同様にメーカの名前と純度が刻印されています。1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスなど複数の重量から選択することが可能です。プラチナは希少性が高く、宝飾品としても資産保全の手段としても人気です。

おわりに

以上、今回はプラチナ投資における基本的な購入方法と金額別商品について考えを整理しました。
希少性と今後の需要拡大の側面で考えるとプラチナは金に負けない魅力を持つ投資商品です。金投資と似ている部分が多く、2017年3月現在では「グラム当たり価格」で金より安価で購入が可能です。

プラチナ 4,034円(税込小売価格:1g) 金 4,931円(税込小売価格:1g)※
※2017年3月3日田中貴金属工業株式会社 公表データ

これを機にこのサイトや他でプラチナの魅力について再確認頂ければ幸いです。また購入に際しては上記3で述べました3.専門的(専門家による)情報提供も大変重要です。
情報の少ない商品ですので、納入タイミングや購入先会社選び(手数料)に匹敵して、「情報提供が豊富である点」もぜひ基準にされてみてはいかがでしょうか。

当社は、SBIゴールドのホームページに掲載される情報(以下「掲載情報」といいます。)の完全性および正確性を保証いたしません。
また掲載情報は、将来における結果を示唆するものではありません。
したがいまして、お客様において掲載情報に基づいて行動を起こされた場合でも、当社はその行動結果について何らの責任も負担いたしません。
掲載情報に基づく行動は、お客様の責任と判断によりお願いいたします。
掲載情報は、金融商品の売買等の勧誘を意図したり、推奨するものではありません。
お客様において掲載情報に含まれる金融商品の売買等の申込等をご希望される場合には、その掲載情報に記載の金融機関までお客様ご自身でお問い合わせください。
当社はお問い合わせに関し対応いたしかねます。
当サイトの掲載情報に関しましては、著作権法等の法律により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や権利者に無断での他人への譲渡、販売コピーは認められていません。