プラチナの魅力について

プラチナとは

プラチナ(白金)は、今から約20億年前に地球と衝突した隕石に含まれていた成分だとされており、採掘できる量も限られていることから希少価値は金よりも数十倍も高いと言われています。

プラチナの区分

プラチナは漢字で「白金」と表していますが、白金と聞くと金を加工して白くしたホワイトゴールドとイメージする方も多いようです。しかし金よりも熱に強く、金より重いプラチナは成分構造からして金とは異なる全く別の金属です。本来の色として金白の輝きを放つため「白金(はっきん)」と表されているのです。

このように名前自体に「金」という文字が入っているにもかかわらず、歴史の中では「銀」と間違われることも多かったようです。色がよく似ている為、銀だと思って採掘されたものの、当時の技術では加工できず、廃棄していたという資料も残っています。このように、外見と違って中の成分は謎に包まれてきたプラチナですが、今では学術的にも資産価値としてもその魅力が認められています。

プラチナの活躍

現在、地球上のプラチナの半分以上は工業分野で利用されています。プラチナの特性上地球環境にやさしい最先端技術への活用が期待とされているため今後もその需要は拡大していくと思います。

しかし一般的にプラチナと言えば宝飾品をイメージする方が多いのではないでしょうか。プラチナは指輪やネックレスなどの一部分として主に使われ、その中でも代表的なものとしてダイヤモンドのジュエリーが挙げられます。日本でもブライダルジュエリーとして高い人気を誇っています。プラチナが持つ色と光沢、希少性は宝石としてのダイヤモンドの特徴と一致しており、自然的に調和されるものなのかもしれません。プラチナはダイヤモンドを支えられる唯一の貴金属という評価もあります。

投資商品としての魅力

そして、最近では投資商品としても知られているのがプラチナです。比較的新しい投資商品なので、プラチナ投資の市場規模はまだ小さいと言われています。プラチナの産出国の情勢によって大きく価格変動する傾向もみられます。

このような大きい価格変動性から考察すると、プラチナは金に比べハイリスク・ハイリターンとなる投資商品として認識してよろしいかと思われます。しかし、今後プラチナの投資市場規模が拡大されていくという期待の声は多いです。その希少価値を考えると、現物の資産としてだけでなく安定性のある投資資産として評価できると考えてもよろしいかもしれません。