よくあるご質問

金の価格はいつ上がりますか?

一般的に、金は安全資産として分類されることが多いため、通貨や株式等の価値が下落することが予想される時に、金への需要が高くなり金価格が上昇する傾向があります。「有事の金買い」と言われますが、2001年9月11日の米同時多発テロのような事件が生じた際には投資家の資金は安全資産の金にシフトし価格が上がることがあります。