なぜいま金(ゴールド)なのか

whygold.png

はじめに

現代のように投資商品の種類が多い状況では、どのような商品に投資すべきか選べられない人も多いだろう。株式、信託、先物、FXなど、資産を運用する方法は多岐にわたって存在している。現代に入って定着したこのような歴史の短い投資商品に比べると「金」は割と昔から資産の運用方法の一つとして扱われていた。希少価値と保存性で代表される金所有のメリットによって、昔から相続の手段や結婚の礼品として事前に集めたりした。
それでは、たくさん登場している投資商品の中で、どうして今でも金は投資商品として姿を消さずに存在していて、時には「今投資するなら金しかない」という雰囲気までも作っているのか。投資商品としての金の特性と魅力をまとめながらみていくことにする。

現状

上述のように投資商品の多様化が進んでいて新しい投資手段は多く登場している。 金の投資においても多様化は進んできた。現物を買って保管するという従来の投資以外にも金の値段や株式に投資することが出来るようになったのだ。しかし金の投資商品の多様化だけでは、なぜ今、あえてゴールドに投資しなければならないかへの解答にはならない。金投資が持つ本当の魅力を知っておくことで、もっと確信を持って金投資を資産運用に活用することが出来るだろう。これからは金の価格変化の推移と資産としての特性をまとめながら金投資の価値を確認してみることにする。

金の価格変動

投資と言えば、自分が買った時より値段が上がったところで売るということで差益を狙うことが基本の概念であるだろう。つまり金の価格がこれから上昇すると思わせる要因が多ければ多いほど金投資への需要は高まる。金の価格は今までドルの信認度と直結して動いてきた。米国の国家・財政危機などドルの価値減少やドル価値への不安が高まるたび、価値が保障されている金への関心が高まってきた。反面、ドルの価格が安定したり、ドルの価値が上がると予想されたりする場合、金投資への需要は減少し金価格は下がる。つまり金とドルの動きは基本的には逆である。この要因を含め金の価格の上昇に影響を及ぼす代表的な4つの要因をリスト化してみると、
①ドル価値・ドルに対する信認度の低下
②ソブリンへの不安の高まり。
ソブリンとは国債など各国政府が発行している債券のことであり、国債を発行している国の事情によってソブリンへの不安は変わる。一般的にソブリンへの不安が高まれば人々は安全資産を求めるようになるため金への需要が増えて金価格が上昇することになる。
③アジア新興国の経済成長(中国、インド)。
現在の金市場規模の1・2位を争っている両国においての需要変化が金の価格に影響を与えている。昔から金への選好度が強かったこれらの国が急成長したことで、国民たちはやっと思う存分に金に投資することが可能になったのだ。
④金投資商品の多様化
過去とは違って金に投資する方法は多様化している。最近では株式やファンド型の金投資商品も多く取り引されている状況だ。その代表的な商品例としてETF(Exchange Traded Funds)がある。2003年にアメリカで誕生したETFは株式と同様に売買することができる。金ETFのメリットとはリアルタイムで取引が可能ということである。また少額からでも始めることが出来て取引コストも安いという特徴を持っている。

なぜ今ゴールドなのか

価格上昇の面

ここ最近の金の価格は急落の傾向が見られている。複数ある原因の中の一因を挙げると、イギリスによるEUからの離脱がある。このBrexitによる英ポンドの急落と下落傾向がしばらく維持されていることも金の価格下落に影響を与えたとみられる。ポンドは過去30年での最安値の水準である。ヨーロッパの金融市場の中心の役割を果たしてきたイギリスの今後に不安が高まっているのである。
しかし、今のように不確実性や多様性が続く社会金の価格上昇の要因の方が持続的に起こる可能性が高いと思う。投資商品の特性的に一時的な要因での価格変動は避けられないが、上記の4つの価格上昇の要因の反対の状況を考えてみると分かるように、他の投資商品に比べると金の価値は長期的に安定していると言うことが出来て、少しずつ上昇してきている点から損失へのリスクは少ないと言えるだろう。従って今ゴールドに投資しておくことは賢明な選択肢だと思って大丈夫だろう。また、このような確信が出てきている人であれば投資の時期はまさに金の価格が下がっている今が適切ではないだろうか。

投資ポートフォリオにおいての安全装置

金に投資する人はどういう人が多いのだろうか。彼らの所有資産規模や投資スタイルの共通点はあるのだろうか。500g未満の取引の場合には手数料もそれなりにかかる。手数料の負担から考えてもやはり金はお金持ちが投資する商品であって、庶民や個人投資家の投資商品としては適合していないと感じる人もいるかも知れない。しかし調査を進めるにつれて、金というのは資産額に関係なく投資ポートフォリオの中に入れておく価値のある安全装置であることは確かだ。

今は確かに他の投資商品に比べれば、金投資は「儲ける」という目的では大きくて目立つ効果を期待できないかも知れない。しかし「財産を守る」という機能をきちんと持っている。金融緩和や貨幣価値の下落が続くなか、金はどの時代でも一定の価値水準を維持するからである。
また不況による株価の暴落で、金利が上昇し通貨の価値も下がる場合においても、通貨の価値が下がるので資産を預金などの現金でしか持っていない庶民だと損失は大きくなるだろう。このような理由から金は巨額の資産運用家であろうが貯金しかしていない庶民であろうが資産運用のポートフォリオに金投資を入れておくことで資産価値暴落という最悪のリスクをヘッジすることが出来る投資商品であることが分かる。

このように、「長期的」に価格上昇と価値の保存の両方が約束されている金に簡単に投資できる時代がやってきた。
金は、
-儲けることを諦めて資産を守ることに集中すること
-ハイリスクを負ってでも価格上昇を狙って儲けること
の両方とも強調しない。
金自体の重々しい特性は、バランスが取れていて長期的な投資計画と相性がいいと思う。
現状を踏まえて考えてみると、どっちかを諦める必要もなく一石二鳥も期待して良いだろう。