インドと金-インドの国民性と今後の展望について

india.png

金は世界各地でその価値を認められてきました。その中でも最近では経済力を付けてきたアジア新興国の存在感が大きくなりつつあります。アジアで金に関心の高い代表的国家は中国とインドと考えます。
この両国の金市場の規模は経済成長と共に飛躍的に増大してきました。今回はインドの金投資と金市場の特徴をみていきましょう。

生活様式に根付く金

インドはアジアで中国の次に推定12~13億人と人口が多く国土も広い国家です。英国の植民地政策の一環で地域統合されたものの、この地域はムガール帝国以前より、古来多種多様な文化と言語が発達してきました。そのなかでも現インドの北部にあるインダス川は世界4大文明の発祥地でもあります。そのインダス文明の住民たちは金や銀を精製・加工し生活するなかで利用したと言われ、またその後の歴史にも金にまつわる話が多く存在することから、昔から金に関心の高い地域であることを窺い知ることが出来ます。

独立後も金はインド人の生活の中に根深く存在しています。一例としてインドでは一般的に家庭に女の子が生まれたら親は金の収集を始めるそうです。将来、娘が結婚する際に持参することは、財の蓄積方法の一つとして考えられます。それ以外にもインド各地のヒンドゥー教祭りでは金の加工品などが多く使われてきました。またインドの女性たちは金の装飾具を好みネックレスや指輪を多く身につけることで自分の美を強調するそうです。このように、インド国民にとって金は現代においても単なる投資商品ではなく生活様式の一部分であることが分かります。

金への国家需要増大

近年インドの経済成長が注目を浴びています。中国と同じく経済成長によって生活に余裕が出てきた人々は金の投資を増やしていきましたが、インドは中国とは違って金需要増加に応えられる国富や財政力を持っていません。インドにおける金の年間輸入量は2015年で約900トン、毎年約1,000tの金を輸入してきたインドにおいて金は石油製品と共に貿易赤字の大きな要因であったことは事実です。
そのためインド政府は2014年に一時的に金の輸入量を制限するなど複数の規制策を行ったこともあります。今後も高額紙幣の切り替えなど代表される国家規制の可能性は金にも関連しそうですが、将来のインドの経済成長率は中国に匹敵する勢いで金の輸入量は今後伸びる可能性が高いと思われます。

金需要を決める独特の要因

金の価格に関しては、国際情勢やドル相場の影響を受けるのはもちろんのことですが、インド国内で金の価格を変動させる要因として挙げられる独特の要因の一つは「雨」です。インドでは農家の金保有割合が高く、農家の需要が減れば金の国際価格が下落するという言葉もあるほどです。

農家にとっては収穫量が増えれば資金に余裕がでるので金を買おうとする意欲もが高まります。しかし平年より降雨量が少なければ農家の収穫量にも打撃が生じ、結果的には金への需要が減り価格も下落しかねません。
実際2015年は、インド当局が発表した予想降雨量よりもはるかに少ない降雨量で農作物の収穫量が減り農家の需要が減りました。インドにおける金の価格は農家など特定集団の財政状況によって大きく変動することが確認できると思います。

インドにおける今後の金の位置づけ

上述のように、インドでは政府や雨のような「気候」も金の輸入量や価格に影響を与えてきました。このような要因は予測することが困難でありひいては価格変動の予想が難しい部分があります。一方ではこのような条件下、インドでは金は長く愛され続けており金への信頼が根強いものなのかが分かります。実際にここ数年で政府の規制や税金引き上げが行われると、インドに密輸入される金の量が5倍になったとも言われています。人々の金への愛情は簡単には冷めないことを反映しているのでしょう。

このように、金を単なる投資商品やリスクヘッジ商品として認識する地域が増えていく中で、中国やインドのようにまだアジアでは金について生涯を共にする現物資産として認識している地域が残っているようです。

個人的には中国よりもインドの方が金への愛情が高いと思います。両国で購入された商品種類別の需要の変化をみると、最近の中国では金地金が圧倒的に多くなっていますが、インドは金地金と装飾品がバランスよく成長しているからです。インドでは今後の経済成長に伴い金への需要は一層高まると予想されます。