金の歴史

goldhistory_01.png

はじめに

金とは

「元素番号79番」もしくは「AU」という言葉を聞いて何を意味するかがすぐに分かる人は少ないと思う。しかし実は誰でも知っているものを表す言葉である。「金」のことだ。金は昔から貴重に扱われている「元素」である。自然状態ではただ一つの同一元素で成り立っているとされる金という元素は、その色の美しさ、使いやすい性質、希少性などから、今までその価値がゼロになったことがない。まさに「永遠の価値」だと思わせる。

金の特徴

まず色で言うと、黄色が代表的で最近ではホワイトゴールドやピンクゴールドも装飾品として人気である。性質的な面では、化学反応性がもっとも低い個体元素であり、空気や水に腐食されず、元の状態を維持する性質を持っているため保管は難しくない。また、形を変えやすいという性質も持っているので様々な形に加工して利用することも出来る。
このような金の価値の高さは、今から遡って遥か昔から証明され認められていたようだ。人類の歴史の中で金は、様々な目的から人々に愛され続けた貴金属である。古代から貨幣として、資産の蓄積手段として、飾り物や芸術品などとして使用されてきたのはもちろん、現代のような科学や技術社会においても金は様々な分野で重要な役割を果たしている。

金の歴史

このように、金は希少性を持ちながらも一度も歴史から姿を消していない。世界各地の人々が金という元素、あるいは金鉱石の中にちりばめられている小さな金を見つけてどうして同じく貴重だと思ったのかは別として、実際に地域に関わらず世界各地で常に金は貴重なものとして扱われながら人類と一緒にあり続けてきた。そのため世界中には金にまつわるエピソードや歴史資料が多数残っており、中には金が発端となって歴史が動いたとされている事件もある。
これからは世界各地で金がどのような歴史を経てきたかについて、できるだけ時代の流れ順に沿って当時の状況やエピソードなどを調べてみることにする。

紀元前

金は紀元前3000年代から本格的に使われ始めたと言われている。メソポタミア人たちはこの時期に金で作った兜を作っていたとされている。しかしそれよりもはるか昔である紀元前6000年頃の金の装飾品が発見されたこともあるので、人類と金が初めて接点を作った時期は不明確である。
古代のエジプトでは太陽を神として崇拝したが、金はその太陽を象徴するものとして貴重に扱われていた。当時では一般市民が金を持つことが許されず王のみに許されたものだった。金を持っているものは王に差し出さなければいけなかったし、隠し持っていることが見つかれば処刑されたという記録も残っている。金が太陽と王と同じ意味を持つ国だったのだろう。そして、有数の金産出地域があった影響もあり紀元前3600年頃エジプトでは金を鉱石から分離し製錬する技術も開発された。今に比べると非常に手間のかかる作業ではあったが、ツタンカーメンのマスクや棺などには大量の金が使用されていた。みんながエジプト文明と言われて黄金色の遺産たちを思い浮かべるのも無理はないだろう。

錬金術

人々にとって金の価値がどれほど高かったかが実感できる言葉がある。「錬金術」だ。別の金属から金を作りだすという言葉であり、1トンの金鉱石から3グラム程しか採取できなかった当時の社会から考えてみれば、金を人工的に作るということは世界観も変えられるような、夢のような話だっただろう。エジプトで始まったこの錬金術のブームは1000年以上も続き、イスラム世界を経由しヨーロッパにまで渡って広く研究された。特に中世ヨーロッパの時期に錬金術への研究は盛んでいて、学問としても認められていた。 18世紀に入って、他の物質から金を作り出すことは不可能なものであることが近代科学の父と呼ばれるアントワーヌ・ラヴォアジエによって証明されたため錬金術は姿を消すことになったものの、錬金術は当時の金の価値がどれほど高かったのかを証明している。錬金術という夢のおかげで、今の「化学」の基礎が作り上げられたと言われているほどだから、錬金術に込めた人々の思いがどれだけ熱いものだったのかが少しは分かるような気がする。

価値の基準としての金

紀元前1350年頃になると、金の純度を測定する技術が開発された。その後、初めて貨幣として金が使われるようになった。最古の金属貨幣と言われているのは紀元前7 - 6世紀にリディアでアリュアッテス2世王により造られたエレクトロン貨である。天然の金銀合金に動物や人物を打刻している。中国では、金はもともと装飾品として広く使われてたが、春秋戦国時代に貨幣や象嵌材料として使用されるようになった。

日本の金歴史がスタート

日本の歴史に金が登場したのは8世紀だと言われている。現在の宮城県で金が確認されたことが「続日本記」に記録されていて、東大寺の大仏にも金メッキが使われていた。そして、マルコポーロの「東方見聞録」によれば日本は黄金の国であった。実際とは多少異なっているとは言え、「黄金の国ジパング」というフレーズはコロンバスを魅了させアジア大陸を目指すなど、大航海時代に導く原動力になったと言われている。

スペインのインカ帝国侵略

あまりにも価値が高いとそれを巡って争いが発生するのは自然な現象なのかも知れない。金に関連する侵略の歴史としてスペインのインカ帝国侵略がある。アンデス山脈に存在していた巨大なインカ帝国を支えていたのは金の採掘であった。スペインが金を狙って攻撃した時、金だけではなく太陽の神殿や寺院なども破壊してしまうほど恐ろしい勢いで金を奪っていった。しかし莫大な量の金をヨーロッパに持っていったせいで、インフレが発生し、スペインの国力が弱くなったとされている。金にまつわる欲望と嘆きが感じられる歴史である。

ゴールドラッシュ

金の誘惑は近代になってからも変わらなかったようだ。1848年、アメリカのカリフォルニア州で砂金が見つかったというニュースを見て世界各地から人々が集まった。集まった人は10万人以上だったとも言われていて、その後は金山も発見されるなど、金によって歴史が変わった代表的な地域の一つである。個人的にゴールドラッシュという言葉には一攫千金だけを狙う人たちの集まりの意味があると思うが、その分金の偉大さについても考えさせられる。

終わりに

上述のような歴史を経てきた金は今では装飾品や産業部品だけでなく投資商品としても認められている。はじめに金を元素として説明したが、投資対象が元素になることを考えると少し不思議な感じもする。まるでまったく目に見えないものに投資するような気もするが、実際には他の投資商品に比べて一番確実な形態を持つ投資資産であるだろう。重さのあるゴールドバーや美しい装飾品として手にすることが出来る。
そして金は将来的に考えても投資価値があると思う。金の将来的な生産量はある程度決まっていて新しい金脈が爆発的に発見される可能性は少ないだろう。つまり、金の価値を遥かに超える貴金属が大量に発見されない限り金の希少価値は長期的な観点で考えると高まり続けることになる。投資商品を100%安全資産として信じてはいけないと思うが、金はその「永遠の価値」を今まで証明してきたように、今での人々の間では、一瞬で価値がゼロになるかも知れない投資商品のリスクを相殺できる商品として人気を誇っている。